Home > スポンサー広告 > 「ニワトリが先か卵が先か?」 永年の謎に答えが出た!英学者たちが科学的証拠を発見

本日のニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - スポンサーサイトはてブ
  • コメント (Close): -
  • トラックバック (Close): -

人気ページランキング

コメント : -

コメントフォーム

トラックバック : -

トラックバックURL
http://1linenews.blog34.fc2.com/tb.php/943-fd052175

Home > スポンサー広告 > 「ニワトリが先か卵が先か?」 永年の謎に答えが出た!英学者たちが科学的証拠を発見

Home > とほほなニュース > 「ニワトリが先か卵が先か?」 永年の謎に答えが出た!英学者たちが科学的証拠を発見

本日のニュース

「ニワトリが先か卵が先か?」 永年の謎に答えが出た!英学者たちが科学的証拠を発見

「ニワトリが先か卵が先か?」
これまで数世紀にわたって哲学的、科学的な謎とされてきた命題だが、科学者たちは先日、この謎を解いたと発表した。
「ニワトリが先」と言う答えである。卵殻の形成にはニワトリの卵巣だけに存在するタンパク質が関わっていることが判明したのだ。
つまり、卵はニワトリの体内から生まれ出たと言うことができる。
ovocledidin-17 (OC-17)と呼ばれるタンパク質は卵殻形成を促進する触媒として働く。
ひなが卵の中で育っていくためには、卵黄とそれを保護する卵白を収納する頑丈な殻が不可欠である。
シェフィールド大学とウォーリック大学の学者たちは、卵が形成される様子をスーパーコンピュータを使って観察した。
HECToRと呼ばれるこのコンピュータは、OC-17が卵殻形成の初期段階で結晶化を促進するのに重要な働きをしていることを明らかにした。炭酸カルシウムを方解石の結晶にして卵殻を作るのだ。

方解石結晶は多くの骨や殻に見られるものだが、ニワトリは他のどんな種よりもそれを速く作りあげる。
24時間で6グラムの卵殻を作るのである。
シェフィールド大学材料工学部のコリン・フリーマン博士は次のように語る。
「これまでは『卵が先』という風に思われてきましたが、事実は『ニワトリが先』であることを証明する科学的証拠を手に入れました。このタンパク質は以前から知られていて卵を作ることにも関係していると考えられてはいましたが、私たちは直にそれを調べることで形成過程を観察することができました。他の鳥類でも同様の働きをする異なったタンパク質があると分かったのも、非常に興味深い点です」

同学部のジョン・ハーディング教授は、この発見は応用することができると言う。
「ニワトリがどのようにして卵殻を作っているのかが分かるだけでも面白いですが、新素材開発の手がかりをも与えてくれます。材料科学技術分野のどんな問題も、自然の中にその革新的な解決策を見出すことができるのです」

人気ページランキング

コメント : 0

コメントフォーム

トラックバック : 0

トラックバックURL
http://1linenews.blog34.fc2.com/tb.php/943-fd052175

Home > とほほなニュース > 「ニワトリが先か卵が先か?」 永年の謎に答えが出た!英学者たちが科学的証拠を発見

最新のコメント
検索
  • 無料SEO
ブログパーツ アクセスランキング
  • seo
無料情報商材 ダウンロード トレント

▲Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。