Home > スポンサー広告 > 【サッカーW杯決勝】 スペイン・イニエスタが見せたアンダーシャツのメッセージとは

本日のニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - スポンサーサイトはてブ
  • コメント (Close): -
  • トラックバック (Close): -

人気ページランキング

コメント : -

コメントフォーム

トラックバック : -

トラックバックURL
http://1linenews.blog34.fc2.com/tb.php/929-2beac7be

Home > スポンサー広告 > 【サッカーW杯決勝】 スペイン・イニエスタが見せたアンダーシャツのメッセージとは

Home > とほほなニュース > 【サッカーW杯決勝】 スペイン・イニエスタが見せたアンダーシャツのメッセージとは

本日のニュース

【サッカーW杯決勝】 スペイン・イニエスタが見せたアンダーシャツのメッセージとは

互いに何度もゴールを襲い合う死闘だった。延長後半11分、セスクのパスを受けたイニエスタは右足を振り向いた。
シュートは遠かったオランダのゴールに突き刺さり、イニエスタはそのままスタンドに駆け出しながらジャージーを脱いだ。
規定から、イエローカードは覚悟のうえだった。
アンダーシャツには「Dani Jarque siempre con nosotros(ダニ・ハルケ いつも一緒だ)」と書かれていた。
警告を受けても、どうしてもこれを見せたかったのだ。彼に。

ダニエル・ハルケはバルセロナ出身。エスパニョールの主将や、21歳以下のスペイン代表としても活躍した。
だが、昨年8月、遠征先のイタリア・フィレンツェのホテルで急死した。
急性の心臓疾患、26歳の若さだった。同じバルセロナを本拠地にするエスパニョールの中心選手として、イニエスタやシャビ、プジョルには、おなじみの仲間だった。

決勝ゴールとなる延長後半の得点を決めると、イニエスタは躊躇なくジャージを脱いだ。
主審は当然のように、笛を吹き、イエローカードをかざした。イニエスタには覚悟の警告だったのだろう。
カードが飛び交った激しい決勝戦で、イニエスタは1枚も警告を受けていなかった。
これが2枚目で退場となったなら、イニエスタもジャージーを脱ぐことはなかったろう。

いや、激しいゲームの中で、このアンダーシャツをみせるために、彼はファールを自重していたのかもしれない。
それぐらい、冷静なプレーと、熱いハートを平気で共存させることができる選手だ。

シャビとともに、所属のバルセロナでもスペイン代表でもパスサッカーの中核をなし、時にドリブルで、時に意表をついたミドルシュートで常に相手を脅かしてきた存在。
スペインが熱望していたW杯を手にするとともに、友へのメッセージも送ることができた。
イニエスタには、思い通りの決勝を戦って「マン・オブ・ザ・マッチ」に輝いたことになる。

人気ページランキング

コメント : 0

コメントフォーム

トラックバック : 0

トラックバックURL
http://1linenews.blog34.fc2.com/tb.php/929-2beac7be

Home > とほほなニュース > 【サッカーW杯決勝】 スペイン・イニエスタが見せたアンダーシャツのメッセージとは

最新のコメント
検索
  • 無料SEO
ブログパーツ アクセスランキング
  • seo
無料情報商材 ダウンロード トレント

▲Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。