Home > スポンサー広告 > 決勝Tなら岡田監督へ続投要請、協会は後任候補として元アルゼンチン代表監督のペケルマン氏などをリストアップ

本日のニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - スポンサーサイトはてブ
  • コメント (Close): -
  • トラックバック (Close): -

人気ページランキング

コメント : -

コメントフォーム

トラックバック : -

トラックバックURL
http://1linenews.blog34.fc2.com/tb.php/874-30a76756

Home > スポンサー広告 > 決勝Tなら岡田監督へ続投要請、協会は後任候補として元アルゼンチン代表監督のペケルマン氏などをリストアップ

Home > とほほなニュース > 決勝Tなら岡田監督へ続投要請、協会は後任候補として元アルゼンチン代表監督のペケルマン氏などをリストアップ

本日のニュース

決勝Tなら岡田監督へ続投要請、協会は後任候補として元アルゼンチン代表監督のペケルマン氏などをリストアップ

日本代表がW杯1次リーグを突破した場合、日本サッカー協会が岡田武史監督に続投を要請をすることが分かった。
原博実強化担当技術委員長が19日までに「日本の対戦国は世界ランクもレベルも高い相手。その中で1次リーグを突破するのは非常に困難なこと。ベスト4を目標にしているが、1次リーグを突破した場合は、日本協会として岡田監督に続投要請する考えがある」と話した。
すでに日本協会は岡田監督の後任候補として元アルゼンチン代表監督のペケルマン氏など数人をリストアップしている。
岡田監督も5月10日のW杯代表メンバー発表会見で、大会後について「おそらくやることはないと思います」と明言している。
このため日本協会は岡田監督が続投要請を受けない場合も想定し、後任候補の選定作業も水面下で継続していく。

岡田ジャパンは2月東アジア選手権で韓国に1-3で惨敗。4月の親善試合セルビア戦でも0-3と大敗し、5月のホームでの韓国戦も0-2で敗れた。韓国に連敗した直後、岡田監督が犬飼会長に口頭で進退伺を申し出て騒動に。
こうした経緯からW杯直前まで岡田監督への評価は低調だった。

しかし、W杯初戦でカメルーンを1-0で下して、アウェーでのW杯日本初勝利を挙げたことで状況は一変した。
19日の強敵オランダ戦も0-1で敗れたものの、もう少しで引き分けという健闘だった。デンマーク戦では引き分け以上で1次リーグ突破が決まる。
大会前は3戦全敗での敗退の声が大半を占めていただけに、日本協会として強国ぞろいの1次リーグ突破を最大限に評価し、続投を打診することになる。

人気ページランキング

コメント : 0

コメントフォーム

トラックバック : 0

トラックバックURL
http://1linenews.blog34.fc2.com/tb.php/874-30a76756

Home > とほほなニュース > 決勝Tなら岡田監督へ続投要請、協会は後任候補として元アルゼンチン代表監督のペケルマン氏などをリストアップ

最新のコメント
検索
  • 無料SEO
ブログパーツ アクセスランキング
  • seo
無料情報商材 ダウンロード トレント

▲Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。