Home > スポンサー広告 > 【アメリカ】 米技術機関が2015年までに『トランスフォーマー』を開発か

本日のニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - スポンサーサイトはてブ
  • コメント (Close): -
  • トラックバック (Close): -

人気ページランキング

コメント : -

コメントフォーム

Home > スポンサー広告 > 【アメリカ】 米技術機関が2015年までに『トランスフォーマー』を開発か

Home > とほほなニュース > 【アメリカ】 米技術機関が2015年までに『トランスフォーマー』を開発か

本日のニュース

【アメリカ】 米技術機関が2015年までに『トランスフォーマー』を開発か

アメリカの国防高等研究計画局(略称ダーパ)は、国防総省の要請により、軍事用に空飛ぶ車を開発する計画を公表したという。
この計画は『トランスフォーマーTX』と呼ばれていて、2015年にプロトタイプ完成の見込みだそうです。

計画の詳細はついては未発表ではあるが、この計画は『トランスフォーマーTX』と名付けられており、順調に進めば2015年にプロトタイプが完成する見込みである。海外のブログメディアなどで話題を呼んでいる。

ダーパは軍隊使用の新技術開発および研究を行う機関である。大統領と国防長官の直轄(ちょっかつ)の機関で、アメリカ国内から技術開発者が集められている。1957年に設立されたこの組織は、空想的とも呼べる研究・開発を行っていることで知られている。
ロボットを使った長距離無人自動車の競技大会『ダーパ・グランド・チャレンジ』を行ったり、不眠・不休・絶食で兵士の最高のパフォーマンスを維持するための『最高の兵士能力プロジェクト』の開発を手掛けるなど、にわかには信じ難いようなことを研究しているのだ。

しかし、その研究のおかげで、現在のインターネットの原型『ARPANET』が誕生した。
そしてこの度、空飛ぶ車の開発を進められることになった。車の制作に関して求められている条件は以下のものだ。

・未舗装の道路でも走るSUV(スポーツ多目的車)タイプの車両
・垂直離陸すること
・最高上空3,000mまで飛行すること
・4人の兵士と1人の医師、担架を1台積み込むことができ、十分に広いスペースを確保すること
・女性でも操縦出来ること
・将来的には無人での活動も可能にすること

これらのために割り当てられている予算は、4,300万ドル(約39億6,000万円)である。
2015年はそう遠からぬ未来。それまでに本当に空飛ぶ車は実現するのだろうか。

人気ページランキング

コメント : 0

コメントフォーム

Home > とほほなニュース > 【アメリカ】 米技術機関が2015年までに『トランスフォーマー』を開発か

最新のコメント
検索
  • 無料SEO
ブログパーツ アクセスランキング
  • seo
無料情報商材 ダウンロード トレント

▲Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。